矯正やインプラント治療|スマイルプラスの秘訣

歯科医と患者

金属によるアレルギー反応

口元

金属が原因のアレルギー

金属アレルギーは、地肌に触れている金属が汗などの体液で溶けることで発症します。溶けた金属はイオン化し、皮膚のたんぱく質と混ざり合うことで、アレルギー反応の元となる成分を作り出します。そのアレルギー源に皮膚が過敏に反応することで、金属アレルギーと呼ばれる痒みやかぶれと言った皮膚トラブルを引き起こすのです。金属接触アレルギーの症状が主に金属が接触している部分の皮膚のかぶれです。イオン化した金属が皮膚内に入りこむことで、その部分に痒み、発疹、水泡を形成します。次に全身型金属アレルギーとは、薬や食品に含まれる金属が、口から体内に入ることで発症します。含まれている金属が腸で吸収された後、汗として分泌された際に痒みなどの症状が現れます。部位を問わず汗をかく場所すべてで発症する為、汗をかきやすい手や足に症状が現れることが多いのです。またアクセサリーなど外の刺激でアレルギーを起こす人もいれば、口腔内でアレルギー反応を起こす人もいます。いまは歯科で行なわれる虫歯治療でも金属アレルギーの可能性があるので、注意が必要です。

金属でのアレルギーの予防

歯科で金属アレルギーが起こるケースとして、虫歯を治療したときに使用される差し歯です。差し歯の材料として金や銀が使用されることがありますが、人によってはそれらで金属アレルギーを引き起こしてしまう人がいます。そのため、普段からアクセサリーなどで何か症状が出る、あるいは普段は何ともないけれど心配という人は、パッチテストを受けるようにしましょう。いまは保険適用で受けられるものが出てきています。安心して治療するためにも、心配であれば行なってみましょう。あるいはアレルギーが起こる可能性の少ない素材にしてもらうように医師に相談するのもいいかもしれません。